スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動力プレス 受講

だいぶ前のことですが、動力プレスの特別教育を受講しました。
学科8時間、実技3時間で、2日間にわたり講習が行われました。

学科も実技もわりとしっかりとした講習で、
プレス機について、いろいろと新しいことを学ぶことが出来ました。
しかし、機械が危険であることを認識させるための講習であるのに、
プレス機は安全であると説明していたのは、どんなものかと思いまいました。
プレス機はグラインダーや旋盤などよりも安全だと説明していましたが、
事故件数が少なくても、事故が起きてしまえば重大事故につながりやすいし、
取り扱っている人数はグラインダーや旋盤のほうが多いと思われるので、
事故率と重症度を加味して比較するとどうなのでしょうか。

実技講習は3時間で、10人くらいずつ4班に分かれました。
最初の1時間は全員相手に1回通してインストラクションです。
後の2時間は1時間交代で、2班がプレスの使用を行い、その間、
残りの2班は、金型の組み立てと測定装置の取扱を行います。
つまり、実質2時間がプレス機の説明です。

機械は1班に1台しかないので、代表者1人が、
1回通して繰り返すだけで講習は終了でした。
残りの人は見ているだけで、全く機械に触れることもなく、
そのまま終了してしまったのは残念です。

実技講習は、受けるにあたって作業着を着ることが義務でしたが、
作業着を着たのにもかかわらず、全く機械に触れませんでした。
このような講習で作業着を着るように要求されたのも初めてですが、
これでは、何のための作業着か全く理解できません。

この講習で一度もプレス機に触ることなく、
実際にプレス作業に従事してしまうのは
安全教育という観点からは問題ではないでしょうか。

特別教育は技能講習よりもレベルが低く思われがちですが、
受けてきた中では、むしろ特別教育のほうが学ぶことが多かったと思います。
実際に他の特別教育では機械に触る時間は結構ありました。

特別教育という、機械の安全な取扱を目的とした講習では、
やはり、一度でも実際に機械に触ってみるべきでしょう。
この点については、改善をしたほうがいいと思われます。

テーマ : 資格取得
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

【資格ランナー】

Author:【資格ランナー】
2008年から資格ゲッターとして資格免許を取得開始。
2010年度に【1年間】で資格免許取得数【100個】を達成。
2011年には【1日】で【50個】の検定に合格。
現在の資格【357個、300種類、学位7個】以上の資格免許を取得済み!(2017.3.31)

【挑戦中】情報処理安全確保支援士 気象予報士 エネルギー管理士 電気主任技術者 行政書士 宅地建物取引主任者 保育士 診療報酬請求事務能力 など

【所持資格】認定心理士 環境計量士 第一級陸上無線技術士 総合旅行業務取扱管理者 応用情報技術者 東京シティガイド 職業訓練指導員 臭気判定士 測量士補 技術士補 大型自動車二種 大型二輪 小型船舶 クレーン 衛生工学衛生管理者 JAVA C言語 情報セキュリティー管理士 個人情報保護士 企業情報管理士 公害防止管理者 放射線取扱主任者 工事担任者 電気工事士 消防設備士 防犯設備士 危険物取扱主任者 火薬類取扱保安責任者 毒物劇物取扱責任者 高圧ガス製造保安責任者 販売士 ビジネスキャリア検定 経営学検定 経済学検定 FP技能士 知的財産管理技能士 日本語検定 漢字検定 英語検定 ドイツ語検定 数学検定 薬学検定 心理学検定 農業技術検定 バイオ技術者 バイオインフォマティクス技術者 メンタルヘルスマネジメント検定 アロマテラピー検定 秘書検定 福祉住環境コーディネーター 愛玩動物飼養管理士 訪問介護員 将棋六段 囲碁初段 スキューバOW カッパ捕獲など

目次
最新記事
凄すぎる資格マニアのリンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。