産業能率大学の履修戦略

産業能率大学の履修戦略を考えてみました。
産業能率大学の履修システムは、いろいろな制度があり、
複雑にお互いが干渉しあって、難しくなっています。

卒業には124単位が必要ですが、編入時に62単位が一括で認定されます。
残りは62単位ですが、基礎科目の履修は12単位までの履修のみが
卒業単位になり、残りは専門科目で取得する必要がありあます。
また、他大学の卒業者は6単位を面接授業で受ける必要があります。

入学時に資格による認定単位があって、最大で30単位まで認定されるのですが、
現在までに合格している資格では18単位が認定されそうです。

また、この放送大学での認定を受けると放送授業として2単位認定され、
スクーリングの1単位としても認定されるので、
6科目でちょうど12単位で、スクーリングも6単位ぴったりです。
しかし、放送大学での認定は別に授業料がかかる上に、
入学時の資格による認定と合計して30単位までとなっているので、
残り少ない貴重な資格による認定数を消費してしまいます。

そういうわけで、放送大学での認定数4単位でスクーリング2単位くらいにして、
産業能率大学のスクーリングを4単位くらい受けてみようかと思っています。
産業能率大学の2単位の科目のスクーリングは3日間ありますが、
授業の最後に行われるスクーリング試験に合格すれば単位を取得できます。

入学後もできるだけ、単位認定される資格を取得したいのですが、
確実に取れるわけではないので、8単位くらいを目標にして、
放送大学との合計でちょうど30単位を取得したいと思っています。

そうした場合、卒業に必要な残りの62単位から30単位を引くと、
あと32単位で、さらに産業能率大学でのスクーリング4単位を引くと、
28単位を試験で取得すればよいことになります。

基礎科目の資格による認定は8単位の予定で、
既に3年の履修に2単位の基礎科目が入っているので、
合計10単位となっています。
卒業単位として認定される上限は12単位までなので、
あと2単位しか基礎科目を取得することができません。
従って、残りの履修はほぼ全て専門で取得する必要があるので、
放送大学の認定も専門科目を履修しなければなりません。

3年次で配本された分の単位数は36単位ですが、
そのうち2単位だけが基礎科目で、残りの34単位は専門科目です。
専門科目のうち必修科目が22単位、選択科目が12単位ですが、
選択科目を6単位で必修科目との合計が28単位となり、
卒業に必要な単位を取得することができます。

テーマ : 資格取得
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

【資格ランナー】

Author:【資格ランナー】
2008年から資格ゲッターとして資格免許を取得開始。
2010年度に【1年間】で資格免許取得数【100個】を達成。
2011年には【1日】で【50個】の検定に合格。
現在の資格【333個、282種類、学位6個】以上の資格免許を取得済み!

【挑戦中】情報セキュリティスペシャリスト 気象予報士 エネルギー管理士 電気主任技術者 行政書士 宅地建物取引主任者 保育士 診療報酬請求事務能力 など

【所持資格】認定心理士 環境計量士 第一級陸上無線技術士 総合旅行業務取扱管理者 応用情報技術者 東京シティガイド 職業訓練指導員 臭気判定士 測量士補 技術士補 大型自動車二種 大型二輪 小型船舶 クレーン 衛生工学衛生管理者 JAVA C言語 情報セキュリティー管理士 個人情報保護士 企業情報管理士 公害防止管理者 放射線取扱主任者 工事担任者 電気工事士 消防設備士 防犯設備士 危険物取扱主任者 火薬類取扱保安責任者 毒物劇物取扱責任者 高圧ガス製造保安責任者 販売士 ビジネスキャリア検定 経営学検定 経済学検定 FP技能士 知的財産管理技能士 日本語検定 漢字検定 英語検定 ドイツ語検定 数学検定 薬学検定 心理学検定 農業技術検定 バイオ技術者 バイオインフォマティクス技術者 メンタルヘルスマネジメント検定 アロマテラピー検定 秘書検定 福祉住環境コーディネーター 愛玩動物飼養管理士 訪問介護員 将棋3段 囲碁初段 スキューバOW カッパ捕獲など

目次
最新記事
凄すぎる資格マニアのリンク
月別アーカイブ